TOPスポンサー広告ジョンが生まれて4年の頃


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告
TOP誕生日ジョンが生まれて4年の頃


ジョンが生まれて4年の頃
思い出シリーズ。
今現在10歳と半年となったジョン。

ジョンがうちに来た頃は、デジカメもまだでっかかったし、PCもwin3とかだったような。画像がなくてね・・・。
昔の写真を画像にするのは非常にめんどくさい。
しかも毎日毎日24本フィルムを使い切ってたような・・。
どれだけ現像したかわからない・・・

1

さて、これは4歳の誕生日の時。誕生日にはいつも「ドッグカフェ」で誕生日用クッキーを作ってもらってました。
神戸から引っ越しても注文してました。

ですが、もともとめんどくさがりやの私。
あるときは、日にちを一日まちがえ、あるときは「忙しいからそのうちなんか買ってあげるね」とか愛犬家か、というくらいのひどい仕打ちに・・・
2

まあ、それでも、一応お祝いはするので、牛肉だったり洋服だったりリードだったり。ジョン父は、結構ジョンには甘甘。
いつだったか、海外出張で、「ハロッズでジョンのコート買った」と、バーバリーのコートを買ってきたのに、私には、売店のお菓子、とか飛行機のスナック、とかだったこともある・・・
3

まあ、それは忘れることとして・・・

この当時から色々犬用ケーキができてきたと思う。
ネットももちろん盛んになって、ほぼ普及してたかなー。デジカメもちっちゃくなって。
ジョンを写すのもデジカメが多くなってきた。
5

この頃は、ストラバイト結晶とか尿モレでちょっと悩んでた時期だった。
今までの病歴もちゃんと記録してある。毎年毎年なにかしら病院通いをしている。
6

今年は、皮膚再発だった・・・・。
今のところ症状は落ち着いているからいいものの・・・。油断しないようにしなくちゃ。
7

どんな姿で寝てもいいから、安心してお休みね。。

昔のことを思い出してたら、さらに昔を思い出してしまった・・・。

ジョンがうちに来たのは、生後4ヶ月の頃。当時神戸に住んでました。
ご近所にダックスがいるお家があって、買い物のたびに垣根から顔をのぞくそのダックス(ジョンの幼馴染です)を見て、ダックスを迎えようと思っていたときでした。
その飼い主さんとは今でも交流があります。

犬についてよく勉強してなかったので、ペットショップしか購入先を思い浮かびませんでした。
ブリーダーなんて言葉も知らなかった。

仕事帰りに何度も通るペットショップで、高いけど、、高いけど・・・と迷ってる時でした。

ネット上で(その頃はあんまりネットでの犬のための交流ページもあんまりなかったと思います)、ジョンが売りに出されてました。
正確には、里親募集、でした。5万円で。

その飼い主さんは、千葉にお住まいで、、結婚したばかりですぐ犬を購入したものの、一週間後に新婚旅行で二週間は友達のうちに預けていた。戻ってきて一週間ほど暮らしてみたら、、
「仕事もしたいし、でも犬も気になるし、どっちもなんともできない」
と里親に出すことを決めたそうです。

なんとも、、自分勝手な・・・。
ジョンは約二週間で、里親に出される運命になりました。

ところが、最初にコンタクトをとった私が働いていると知ると、後にコンタクトをとった主婦の人が「ずっと家にいるから」という理由で躊躇しはじめました。
そして、「6万円なら」とお金をつりあげてきました。

声も出ませんでした・・・・。
結局、交渉で元の5万円で収まりました。

ジョンを迎えに千葉まで行きました。
飼い主さんは、「耳が黒いけど、ちょっと拭けば大丈夫だから」と。
そして血統書はある。ちょっと口がずれてるけど問題ない。と。

犬についてよく知らなかったのですけど、ジョンは、オーバーショットなのです。簡単に言えば出っ歯ですね。
それはダックスとしては致命的です。命に別状はないけど、犬の売買をする以上、一応告知義務があると思うんですけどね。気にする人は気にするでしょうし。
私は、そんなことはどうでもよかった。まあ子孫を残すことは無理かなーくらいで。
(繁殖には本当に知識と経験とがいるので、素人が安易に子供を生ませることに反対する気持ちを持ったのは後のことです。)

最後に飼い主さんが名残惜しそうなのが救いでした。
ケージとかいろんなものも頂いたし、劣悪な環境でもなかったので、かわいがってはくれてたんだと思います。
手をかけてなかっただけで。

神戸に着くなりそのまま病院へ。
「耳ダニですね。毎日薬つけてください。」
あらびっくり・・・。
しつけもできてないジョンをおさえつけ、毎日毎日消毒し薬をつけ、一週間ほどできれいに。

その後はおお暴れん坊に育ったものの、うちの環境にぴったりのぐーたら犬に。

人と暮らすのは、大変です。それが他人なら。
結婚して生活パターンがまだ落ち着かないうちに子犬を迎えてしまうというのは結構危険だと思いました。
もっとも、長年の付き合いがあり、二人で育てていくなら絆は深まるでしょうけど・・・。
今ではカップルで購入して同棲して、別れるときは、保健所へ、という話も聞きます。
本当に恐ろしいです。

ペットショップで、犬を見ることができません。
かわいそうで見てられないからです。かわいいけれども。
レンタル犬というのも嫌いです。
都合のいいかわいい部分だけ犬と接して、大変なしつけや育児をすっとばしてしまっているからです。

アレルギーになっても、引っ越しても、どんなことがあっても最後まで最後まで一緒にいる人に出会ってほしい。そう思います。
8

スポンサーサイト

カテゴリ:誕生日
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。