TOPスポンサー広告乗り物


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告
TOP生活乗り物


乗り物
昨日の夕方、なんだかとっても寒かった・・・
朝起きても、刺すようにつめたい6時半。
それでも明るくなっているので、もう春は近いのかも~

1

車の中で、さあ、降りようと思ったらジョンの髪が立ち上がってる・・・
ものすごい静電気。
2

この原因は、乾燥してるってのもあるんだけど、、、
ジョンの冬の車の中の定番は。。。
足元の暖房の吹き出し口。
あったかい空気が出る場所をちゃんと知っている・・・・
冷たい空気だと、あったかくなるまで座席で待機するからえらいもんだ・・・・
3

車の助手席には、シートベルトも一応つけてある。
車の中には、ベッドもバックも置いてある。
本当は、車ではケージに入るのが望ましいんだろうけど、助手席にじっと座っているので、そのままになってしまったのでした。
ジョンは、車では絶対にトイレをしません。騒ぐ事もありません。
もちろん、小さい時は、座席の下にもぐったり、動いてしまって大変でした。
でも、運転中は助手席にきちんと座っているのが当たり前、と繰り返し繰り返し教えました。
4

締め切った車内では、しつけ中の大声が響き渡っていたことでしょう。
5


生後4ヶ月で新幹線を経験し、車にはかなり乗ってました。
おかげで、車酔いもすることもなく、乗り物には抵抗がありません。
飛行機も経験済みです。寝台列車も乗りました。手漕ぎボートも経験しました。浮き輪にも乗った事があります。
あとは、フェリーだけでしょうかねえ・・・
6

公共の乗り物は、最初は緊張します。
どきどきです。いざという時のためにおやつも用意しておきました。
ガムも、です。
ですが、ガムは、やわらかく音のしないものでないと、車内に響き渡るので要注意です。
クッキーも、「かりっ」などと音がする場合には冷や汗モノです。
7

今では、おやつもなく、普通に平気の乗っています。バックの中ですけど。
犬がいることすらわからないと思います。

8


バックにさえきちんと入っていることができれば、新幹線が270円ってのもうらやましい限りです。
願わくば、お利口な大型犬も電車に乗れるようにしてもらいたいです。
ただ、外国と日本では人口密度も違うでしょうし、、犬の安全のためにもフリーにすることは難しいと思います。
ですが、空いてる時間帯で、犬のパスポートを持っている犬は、指定車両内ならば使用してもよい、ということができないものかな、と。
小型も大型もそのままで乗る事ができるなら、、、、

そのためには、まずは、、
動物先進国になること、マナーの悪い人の教育を徹底する事、つまり飼い主の意識を向上させなければ絶対に不可能なことだと思います。
もっとも、意識は共通の意識を持たないと、大変な事になりますけれども・・・

スポンサーサイト

カテゴリ:生活
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。