TOPスポンサー広告おまぬけなジョン


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告
TOP生活おまぬけなジョン


おまぬけなジョン
本日は雨。

今から8年ほど前・・ジョンはこんなでした。
1

散歩バッグに首を突っ込む・・・
2

あんまり変わっていませんが、白髪がないのでちょっと若々しいでしょうか。
3

この頃も、皮膚は悪かったのですが、毛はつやつやしてるので、皮膚が悪いとはなかなか気がつきません。
4

この時は、ちょうど、しつけ教室に通っていたのでしつけ用の首の絞まらないチョーカーをしています。
ジョンは、小さい頃はともかくも、1歳過ぎからはまったく吠えもせず、とてもお利口な子でした。家では盗み食いとか暴れまくりますが、外ではとっても優等生でした。
けんかするわけでもないし、呼び戻しが苦手なくらいでそれほど手はかかりません(外では)。
でも、叱りすぎて、呼び戻しがまったくできなくなったので、しつけ教室に行くことにしました。
そこのしつけ教室は、まずカウンセリングをします。
そこで、飼い主と犬との関係を先生が把握します。この先生は、ホメオパシーをする先生で、本当に不思議な先生でした。(腕も立派な獣医師です)
5

そこで、私とジョンは、信頼関係が壊れていることを指摘されました。
一週間に一度、7回のしつけ教室が始まりました。
そこでは、褒めるタイミングなどを学びました。
ほとんど、人間のしつけ教室だったかもしれません。
犬に接する勉強というか、しつけの仕方というか、、
同じクラスの子犬たちもみるみるお利口になっていきました。
ジョンはとにかく、おやつが好きなので、家のあちこちにおやつを置いて、呼んだらよいことがある、と教えました。だって、名前を呼んで行ったらおやつがもらえるから。
おやつでだめな子は、徹底的に褒める方法でした。ただ、そのタイミングをはずさないことが肝心でした。

今は、名前を呼んでも無視したりしなかったり、気まぐれですが、訓練は一日のうち10ぷん、とか区切って楽しくすることだそうです。
「じゃあ、はじめよっか!」と
部屋の隅に行って、呼ぶ、とかそんな感じです。

そして、繰り返しが必要です。
ダックスは頑固なので根気よくしなければなりません。

一度で呼んでこなければ「なかったことに」します。
途中で寄り道してもなかったことに。しらんぷりします。
ジョンが別な方向を見てたら、すかさず「ジョン!」と呼んで呼び寄せます。

こんな感じで毎日すこしずつがんばりました。

6


今では、部屋を移動したら、追っかけてくる時もあれば、来ないときもあり、大人の余裕をぶちかましています。

それでも、外出先から帰ってきたら、喜んでくれるのは今も変わりません。
家の中に入っても気がつかず、ぐっすり眠りこけてる時意外は・・・・
7


昨日、テレビで、アメリカの「やかましいどなりあう家族」をなんとかしよう、という企画のテレビをやってました。
叱る、褒める、等々きけば聞くほど、どこかで聞いたことと同じです。
ほとんど、ワンコと同じでした。

愛情をしっかり伝えて、いけないことはしっかり教え、正しく、お互いが快適に暮らせるように、社会にしっかりと順応できるようにするのは、犬もワンコも同じなんだろうなあと思います。
8


でも、いけないことをじじいになった今もするというのは、やっぱりワンコがいけないのではなく、人間の油断のたまものかもしれません。
今後、盗み食いを絶対にさせないように、気を引き締めようと思います。
<過去の実績>
菓子パン
ミスタードーナツ(チョコレート以外のものを端から食べて3つも食べていった)
鶏肉(スーパーの袋からトレーの中の鶏肉をかじった)
自分のおやつ、
かつおぶし(未開封の高級だし用を全部平らげた)
レーズンバターサンド
人の家のワンコのフード(フードストックを自分で開けて食べた)
バナナ、
うなぎ、
カフェオレのミルクの部分
人間のおかし

書いてて嫌になるな・・・まったく・・・
スポンサーサイト

カテゴリ:生活
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。