TOPスポンサー広告西の国からの贈り物


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告
TOP生活西の国からの贈り物


西の国からの贈り物
兵庫に住んでる私の妹がジョンと私にプレゼントを贈ってくれました。
2

ソックス!!
寝起きを起こして履かせました。
何が起きてるのかよくわからないからぼーっとしてるわけではありません。
ジョンの場合いつもこんな感じでぼーっとしてます。
靴下、ほしかったんです。
以前靴を買ったことがありました。でも、今のように性能のよいものではなく、脱げそうだし大きいし、歩きにくい。
この靴下は、遊びに行ったおうちでも履けるし、災害時にも使えそう。
滑り止めが骨型でとてもかわいい。
3

まあ、足が短いダックスは、ソックスというよりハイソックス、ロングブーツですが・・・
一緒に送ってくれた、キッチンドッグのクッキーにかぶりついてます。

ジョンとのクリスマスももう11回目。
3月20日には、11歳になるジョン。
今までのクリスマスは何をしたっけか、、覚えてません。

おもちゃも興味がなくなって、プレゼントをあげることもほとんどなくなりました。
ケーキを作るくらいか・・・。

でも、なによりも健康であってほしい、そのために、日々ジョンの世話をしてることがプレゼントということで・・・。

3


私の妹は、ジョンにはあまあまですが、私がいけない、ということはきっちり守るよい妹です。
なので、「かわいそうや・・・。」を連発されます。
ジョンも、妹のことは「僕より下!」と思っているので、結構やりたい放題。
仮病まで使って散歩を拒否する演技までします。

以前、留守を頼んだ時のことです。
妹から電話が入りました。
「ジョン君が、、ジョン君が、、、足をびっこひいてる!!足怪我したのかも!!」
と、泣きそうな声で電話がかかってきました。

この夏も時々あるように、足の肉球が石か何かで刺激されるとしびれることはよくあります。
しかも触ろうとしても、触らせなければ折れてる可能性が大きいですが、普通に触ることができるなら大丈夫です。

「触ってみ」と私。
「触れるよ。。」と泣きそうな妹。

「じゃあ、平気だよ。いやなら散歩しなくてもいいからね。じゃあね」と放置する私。

その後、、妹が言うには、、
「ジョン君、演技するの。だって、、あの後、家の方向へ向いたとたんすたすた歩いてくれたもん」と。
5


完全になめられてます・・・

こんなこともありました。
ジョンは、ダイニングテーブルの上には絶対に乗らないようにしつけました。
というより、ジャンプも高いわけではないから乗れないのです。
当時、妹の家には、でっかいダイニングテーブルがありました。今はないけど。
いすも当然位置が高い。

ある日、妹がいいます。
「ジョン君、テーブルにあがってたで。。。」

「そんなはずないって。」と私。

絶対にない、と言い切ってた私。

ところがですよ・・・どうも、妹の時にだけ、引いてたいすを使ってあがるらしい。
私がいるときは椅子にもジャンプすらしません。
でも、妹の時だけは、、
「ふふふ~ん」
と、テーブルの上にまで到達し、物色するのです。

なんでわかったかというと、私がでかけて、妹とジョンだけになった時に、
ふいに私が戻ってきたのでした。

ジョンのあの時の顔は忘れられません。。

以後、椅子はきっちりテーブルの下に直しています。

本当に知能犯です・・・

11


ここ数日、掃除や買い物でほとんど放置状態だったジョン。
今日はやっと私がゆっくりしているので、べったり甘えてます。
私も体力が限界だったので、今日はちょっとゆったりしようかな・・・
あと1時間ほどゆったりしたら、また活動しなくちゃ。

もうちょっとまっててね。
スポンサーサイト

カテゴリ:生活
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。