TOP2008年11月


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

復活!
無事、退院しました。
驚くことに、昨日までは、会いに行ったとき、興奮したとき一度だけ咳をするのですけど、
今日は、まったくないんです。
これは先生もびっくりしてました。
4

午前中の診察の最後を待って退院でした。
途中、入院室からジョンの声が聞こえます。ほえることをしないのに、やっぱり声とかにおいでわかるんでしょうか。

「先にジョン君を・・」
としばらくしてからジョンだけ先に出てきました。
この間、一度も咳もなく、本当にうれしいのか、なかなか落ち着きませんでした。

初めての入院で、初めての1週間の治療。
最後のほうは、体は元気なのに、こんなとこにいなければならないっていう理不尽さも感じたんでしょう。

よくがんばりました。

その後、いつものG公園にたちよりました。
ゆっくりね、と声をかけながら、勝手気ままに歩いたり走ったり・・まったく退院したばかりとは思えない。
というか、、あまりにも普通で、入院してたとは思えないくらいで・・・。

一応、走らせないように、ゆっくりゆっくり歩いていつもの山道を一周しました。
2
3
4
5

そして、ごはん。
流動食を初めて2日です。
一応、病院では、病院の缶をだされました。
これを2日ほど食べてたようです。

なので、まずは牛スープと水に溶き、牛ミンチといれ、缶を少し入れ、消化酵素をふりかける。
これだけでまずは様子を見ようと思いました。(写真は夜ご飯。昼はもっと少なかったです)
6

そして、練る!練って練ってねるまくる!
7

できたものを半分ずつにして与えます。
8


できました。

そして・・・

9


がつがつ食べています。

昼ご飯に食べた時もまったく異常はなく、その後昼寝してました。いつものように、ほっとカーペットの上に転がって。

今も転がっています。

食べる前に、たっぷりたっぷり待たせました。
よだれ、というのは、食べるために欠かせないものだそうです。
消化するために必要なよだれ。

なので、作るときから、作ってから、マテをさせて、しっかりまたせて食べさせました。


本当に、なんともいえない一週間でしたが、あまりにも普段と変わりようがないので、驚いてる私です。
ゆっくりと、食事にいろいろと追加していこうと思います。

「あせらず、じっくり、ジョンのペースで」をモットーに♪

皆様、応援してくれて本当にありがとうございました~とてもとても嬉しかったです心強かったです♪
スポンサーサイト

カテゴリ:生食ごはん

犬を知ることからはじまるごはん
本日、入院6日目。もう退院してもいいくらいとっても元気です。

液体の流動食はあっさりと食べました。
しかし、久しぶりのごはんなので、下痢をしたそうです。
はやくつれて帰りたい・・・・生食の流動食に移行させたい・・・

1
だっこすると、昨日よりさらに嬉しそう、に感じるのは私だけでしょうか??

さて、昨日、土曜日平日の疲れをモノともせず、みっちり勉強してきました。

生食ごはんの基礎から。

理屈から考えないと頭に入らない私は、みっちり説明を聞くことで、本当に本当にたくさん過ちを犯してたんだと反省しました。
いえ、栄養がどうとか、という問題ではなくて、
そもそもの、犬の体を知ることがどれほど大切だったのか、ということをおざなりにしてたということを。

犬は人間とは作りが違います。
当然臓器の機能も違います。

犬の作りを理解し、その臓器がどんな場所で、どのような活動をし、どのように変化するのか、を理解することが、犬のご飯を作る上で、犬と暮らす上で、どれだけ大切なのかと心の底から思いました。

2

そして、聴講した後、この本がおもしろいほど体にすんなり入っていきます。
まだ一冊目ですけど。。

これらの考えをすべて理解して語ることはもちろんまだまだできませんが、大きな考えを知れば、なぜ、ドッグフードが犬にとってあまりよくないのか、ということがよくわかりました。

体のつくりがそもそも人間とは違う。
そう考えれば、犬の作りにあったご飯を与えなければ、犬本来の生命力をも奪ってしまう。

だから、一緒に暮らして、ごはん与えてあげられる私が、しっかり勉強し、生命力をささえてあげることが、大切なんだなあ、と。

時間も限られてるし、体力の限界もありますが、大きく考えていれば、手抜きの時もあっていいし、臨機応変にすればいい。

気負わずできることから学んでいこう、覚えていこう、そう思っています。

とにかく、今は、ジョンの体が健康体に戻るために、どの栄養が重点的に必要で、負担がなく体に浸透させられるか、それをひたすら考えています。

教えてくれたTさん、どうもありがとうございました。

「学校で習ったでしょ!」

としかられながら、、家庭科をおろそかにした自分を恥じております。

中学校、高校で習う家庭科、大学にある家政科、栄養を学ぶ場所は学校が主体です。
あとは自分で自力で本をみるしかありません。
義務教育は本当に生きるために大切なことを教えてくれるんだとつくづく感じてます。
・・・・おそすぎる・・・

その時に実感がわかないのは、その時に必要じゃないから真剣みが足りないのよね・・・

やはり、小さい頃から、大きな、大きな視点で、「ホリスティック」という考え方を学ぶ必要があるのではないかなあと、いまさらながらに思う私です。

3

すっかり大きくなったしおりちゃん。
まだ7ヶ月。
本当にお利口です。

休日に、朝から昼すぎて、真っ暗になるまで、本当に、ありがとうございました~~♪

がんばって、本を読破し、行動を起こします!

本日も、ジョンに会ってきますが、、もう、ほんと、つれて帰りたい~~

先生も「もう大丈夫」と言ってくれてるし、明日かあさってには退院です♪

たくさんの祈りとお声をくださった皆様に、本当に感謝しています。

ありがとうございます~♪

カテゴリ:生食ごはん

入院5日目
動きが活発になっていました。
舌なめずりしながら、本日の撮影の時にはお座りを進んで行います。

1

ひさびさのうん○もしたそうです。
本日の流動食は三回。水タイプをあっというまになめつくしたそうです。

その後の異常もありません。

順調に回復しています。

皆様の祈りが、ジョンを救ってくれました。
本当に本当に感謝でいっぱいです。

明日は、、ごはんの事を学びに、ごはんの講師をしてるお友達の講義を受けてきます。
むりやり時間をつくって、教わりに行く大変迷惑な受講者です。
頭にむりやり、いっぱい、しっかり詰め込んできます。

絶食後の手術後の、今後の栄養と食事について、勉強してきます。

これからくる老後の皆様の参考にもなれば、と思います。

避けては通れない道だけど、可能な限り元気に通ってほしい道。
なので、安全に快適に過ごせるように、基本の食事をしっかりしっかり記録したいと思います。

カテゴリ:病院・皮膚

たぶん、峠は越えたようです
ジョンの入院のゲージの入り口に、ジョンの名前が書いてあります。

5

絶食、絶水・・・

そして、本日は20日。

毎日毎日面会に行きました。
毎日、血液検査もしているようです。
レントゲンではうすく白く写り、肺炎ということがわかります。

今回の緊急入院は、おそらく食道の欠損。穴があいては大変です。
なので、絶食絶水は必要不可欠でした。

毎日熱もなく、吐くこともなく、がんばってます。
せきは、面会ごとにすくなくなっていました。

1

これは、初日。↑。17日です。腕には点滴がささっています。
だっこをすると、安心するのか、なかなかおりようとしません。

これは、本日。
今日は、患者が多く、待つ時間がかかりそうだったので、
待ってる間、面会できないかと尋ねると、許可してくれました。
なので、30分ほど、だっこしてました。
ちょっとうれしそうかな。

2

そして、入院してから昨日まで、病院の白いタオルしか引いてくれませんでした。
本日は、ジョンのブランケットを敷いててくれました。
元気になってるんだなあ、、とじ~んとしました。急に寒くもなりましたしね。
まあ、24時間よい気温の場所にはいるんですけど。

4

とりあえず、写真とりたかったので、だっこをおろして、座らせました。
さすがにこうするといつもおやつをもらえるので、舌なめずりをしてました。

ごめんね、まだまだ固形物は無理なのよ。。。

本日、造影剤をのませ、食道とか胃とか十二指腸とかが、破れてないのか確認したそうです。
私もレントゲンみました。

「大丈夫です」

ああ、、うれしい。。

先生の説明では、明日から流動食を開始するそうです。
自分で流動食を始めるつもりで、吉野の本くずを買ってきたんですけども・・・

流動食といっても、どろどろを想像していたら、なんと、完全な水タイプだそうです。

スープってことかしら・・・

体重は、4.0キロまで下がりました。
でも、絶食では、体重は減っていかないとだめだそうです。
そうでないと、心臓に負担がかかって大変になるからだそうで、順調なんだそうです。


とにかく、第一の峠は越えたようです。
皆様の応援のおかげです。

本当にありがとうございます。

これから、食物を通すための第二の峠が始まります。

また、毎日面会に行くので、様子をお知らせします。とっても勇気づけられて元気が出ています。
本当にありがとうございます。

コメント返し、もう少し待ってくださいね。




カテゴリ:病院・皮膚

入院中の面会
本日も会ってきました。

昨日より、元気でした。

咳も減った気がします。

興奮するとまだ咳が出ますが、昨日より元気です。帰りたがってケージになかなか入らなかった・・・
当たり前ですが・・・。

日中は点滴をしているようです。
薬の種類もなんか言ってましたが、覚えているのは胃酸を抑える薬を追加した、ということだけ覚えています。

血液検査も異常なし。
熱もありません。
吐いた組織にもがんはありませんでした。

体重はさすがに減ってますが、4.0キロです。

だっこした感じは、そんなに減った感じではありませんでした。点滴をしてたからかなあ。

明日は病院の休診日。日中6時までしか面会ができません。
なので、休めない私の代わりに、ジョン父が面会に行ってくれます。
本日の夜に、肺炎の様子を見るためにレントゲンを撮るそうです。
その結果を聞いてもらいます。

まあ、まだ、白っぽく写っているとは思いますが、
あわてて急に回復を望んだりしたら、罰が当たりそうなので、
ゆっくり確実にあわてず、祈っていようと思います。

木曜日は、夜、会いに行きます。

写真も動画もとったんですが、元気なところを移せず、だっこして落ち着いてるところなので、元気ないようにみえるので、やめておきます。

流動食の勉強しなくちゃ・・・・!!!なんも調べてない・・・・。やばいわ・・・

須崎先生のものだと、たしかくず湯だったような気がする・・・・。

ジョンは、二時間おきに牛スープから始めてみようかなあ。
生肉をミキサーでどろどろにして、、でもいいのかなあ。

明日の夜、調べようと思います。


本当に、泣くだけ泣いて、どうにかなるかもしれないと混乱してた私を勇気づけてくれたのは、皆様のあったかい応援でした。

本当に、本当にありがとうございます。
いっつも、応援してくれて、勇気を元気を頂いてばっかりで、申し訳ないくらいです。

11歳と8ヶ月。感謝すべきたくさんのお友達にであえて、ジョンと私は幸せ者です。

本当にありがとうございます。


カテゴリ:病院・皮膚

入院中
会ってきました。元気でした。


今回の入院は、内視鏡検査が原因である、といえると思います。

組織はおそらく食道だろう、ということでした。

もともと、胃が弱ってた。何回も吐いていた。
そこへ検査をした。
そして、、はがれた。食事をしたのもよくなかったかもしれません。

獣医師も故意でしたわけでもなく、小さい体で小さい管で、仕方なかったのかもしれません。

過去のことはおいておいて、現在は、、

異物による肺炎と、食道の組織の復活

これの回復に全力をつくしてもらいます。

絶食しか方法がないのでしょうが(もちろん点滴と薬とか治療はあるでしょうが)、
一番大事な食道です。

食道が破けてしまえば助かる可能性は低い。でも、そうなる前に異常があるはず。
今のところ、血液検査もレントゲンも肺炎の事以外は水がたまってるとかの異常はありません。

そして、、組織検査・・・
がんはありませんでした。

これはほっとしました。

内視鏡をしたからわかったことで、7歳以上の犬には、こういう場合はがんの確率が高いとあちこちに書いてあり、本当に心配でした。
これだけでも、本当によかったと思います。

きちんと治療をすれば、肺炎も、食道も治る、と言ってくれました。
これが唯一の救いです。

ほんの少しの面会でしたが、咳はまだ続いてますが、前より吐く動作はなくなりました。
なにかひっかかってるのがとれたのかもしれません。
肺炎が治り、肺がきれいになれば、そのころには食道の管もきっと復活してる、そう信じています。

獣医師も慎重に、慎重に治療したいといって、木曜までは様子を見させてください、ということでした。
明日も会いに行ってきます。
決して楽観的なことを言わないけど、最善をつくしてくれてる、ということはわかります。



お空にいる、ゴールデンのグリコが、お手紙をくれました。

「お空は今、いっぱいで、ジョンが来る場所はない」

そうです。

本当にありがとう。いっつも見守ってくれてるのね。ありがとうね。

ご心配おかけして本当にすみません。
いろんな言葉をかけていただいて、本当にうれしく思います。
本当に本当にありがとうございます。

すっとぼけたジョンなので、がんばって絶食してくれると思います。

ちなみに、検査入院後4度の食事は一度も吐いておりません。
咳もするのに、組織を吐いた後も、熟睡して他のに我々のごはんを食べているときにテーブルによってきて、ねだりました。
この食欲は、本当にうれしいです。

今日は、だっこしてきました。「大丈夫。すぐ治るからね。もうすぐだからね」と声をかけてきました。

もうしばらく様子見です。

絶食後の食事を勉強せねばなりません。

獣医師の予定としては、絶食して、造影剤をのませ、管がきちんと通ってて、どこか破れてないかを確認し、その後流動食から始める、といってました。
木曜に退院となるかどうかは不明ですが、流動食、スープのようなものが一週間は続くかなあ、と思っています。

盗み食いをされないように、厳重管理しなければ、と思います。油断も隙もないジョンですからね。。。

とりあえず、回復を祈ることしかできませんが、がんばってもらいたいと思います。
ドッグフードを食べてた訳じゃないから回復も早いはず!自然治癒力があるはず!と勝手に思ってます。

カテゴリ:病院・皮膚

胃と十二指腸と潰瘍について教えてください
しばらく、お休みするかもしれません。。
ジョンは、またまた入院となりました。

3

検査から帰ってから、妙な咳が残っていました。
おそらく内視鏡検査の影響だろうということで、様子をみていました。

写真をみせてもらいました。
胃と十二指腸のあちこちに、びらんや出血がみられ、細胞をとって検査に回しました。10カ所ほど。
腫瘍のようなもりあがりはないものの、、
「こんな状態ががん?」
ということもあるようで、結果を見てからでないとなんともいえないということです。

金曜日の絶食も終わり、夕飯からご飯を食べました。
食欲があるのはうれしいものです。
薬は三種類でました。

異変が起きたのは土曜日の夜。

咳というか吐く仕草もあいかわらずですが、食欲はあります。
元気、というほど元気はありませんが、食欲はあります。

夕飯も終えてしばらくして、、吐く動作がはじまり、何かを吐きました。

ソーセージをくるんでいる腸のようなものです。血が混じってました。

急いで病院に電話しました。
でも、大きさが二センチほどあり、組織細胞ではあり得ない。ということで、様子をみることに。

でも、心配で、先ほど病院に行きました。

結果、、これは、組織の一部だろう、と。
脱落して落ちてきたとも言ってました。
これだけ大きいからかなり大きい潰瘍があることはまちがいないそうです。

絶食するためには点滴が必要で、即入院となりました。

組織を検査しないとなんともいえない、でも、急変することもあるので、覚悟はしておいてください、というものでした。


三年ほど前私は十二指腸にびらんができました。ジョンと同じように。
でも、組織がでてくることはなかった。吐くこともなかった。一カ所のびらんだったし。

ジョンは、10カ所以上、潰瘍っぽい状態があった。

胃潰瘍とか十二指腸潰瘍とかの病気がよくわかっていません。
組織が脱落するとは、やはりガン細胞なんでしょうか。
腫瘍だから脱落したんでしょうか。
どこに相談するのかもよくわからず、ネットでも見つけられず、検査結果待ちとはいえ、途方に暮れています。

こういうとき、お医者さんや獣医さんになっておけばよかった、とつくづく思います。

とにかく、一人家に帰ってきて、ぽつんと一人いると、なんとも現実がおそってきました。
あんなぼーーっとしたいるんだかいないんだかわかんないジョンがいない、ということがどれほど大きいか。

なにはともあれ、検査結果がよい結果であり、時間がかかっても(粘膜の修復は時間がかかるそうです)治る、と信じていようと思います。

悪い方に考えたら、悪くなる。

だから、必ず治る。そう信じて、やるべき事をやろうと思います。


胃潰瘍とか十二指腸について、粘膜の脱落について、なにか知っている方がいらっしゃいましたら、人間でも犬でも私に情報を教えてください。お願いします。


カテゴリ:病院・皮膚

検査入院
月曜日の夜。。晩ご飯を8時に食べ、11時半に吐きました。
そして・・・
昨日、帰宅したら、またも朝ご飯を吐いておりました。

速攻いつもの病院へ。

1

レントゲンや超音波、直腸検査等々しました。

結果・・
レントゲンでは、胃に石(だと思う)8.5ミリの固まりが白く写っていました。
ですが、これは問題ないそうです。うん○に出てくるから。

先生が問題視したのは・・・

1.ふんばってもうん○がでない。便秘気味。
2.うん○が黒い。
3.滞留物がある。

というもの。うんPが黒いのはレバーのお肉のせいかと思ったのですが、先週頃から便秘気味で、色は黒かった。
レバーは日曜夜と月曜朝しかあげてないので、黒いのが先週から続いてるのはおかしい。

これだけ吐いてるのに、残ってるモノがあるというのはおかしい。

直腸検査では、出血すると真っ赤になるそうですが、それはない。

ということは、内臓が出血してるようです。
もしくは腫瘍??

そのため、内視鏡検査をすることになりました。
場合によっては、そのほかバリウム、とかいろいろと検査を・・・

去勢手術でも病院に一泊したことないジョンが、一泊入院です。
本日夜から絶食で、明日の朝病院に連れて行きます。

ほんにんは、元気そうで、昨日の夜はごはん(お肉とヨーグルト)を食べ吐きませんでした。
今朝は、お肉とヨーグルトと消化酵素をふりかけたもの、を食べて、今のところ元気そうです。
散歩もしました。

ですが、うん○はしてません・・・・・・

食欲があるので、危機に迫ってるわけではないのですが、、。(ぐったりすると本当に食べないから)
かなり心配です。


とりあえず、パニックになりそうな私を落ち着かせてくれたのは、、
2

こちらの方々
ちょこっと帰りによって、人間も犬もごはんをごちそうになるという、大変厚かましい私たち。。

3


ごちそうさまでした~!おいしかった~!


今回、レントゲンなどで7500円ほど。
いつもの先生というのは本当に安心。今までの事をよく知ってくれてるし、あらゆる可能性を考えてくれるベテランの先生。
ありがたいです。

心身共に疲労いっぱいで、すっかり会社に行く気がなくなりました・・・(いきますけれども)

カテゴリ:病院・皮膚

夜の出来事・・・
先週の木曜日、朝、出かける前に、お弁当に入れる炒めたサツマイモを片手にボール遊びをしました。

帰宅すると・・・

2

二カ所に、吐いた後がありました。
サツマイモの原型と、朝食の煮野菜の原型が・・・

おそらく、出かけたすぐ後に吐いたのかなあ、と思いつつ、それほどがびがび、になってはなかったので、昼過ぎか夕方か・・に戻しちゃったのだと思います。

吐くことは、よくある、というか普通にあることなので、元気なら(その後、普段と変わらなければ)別に気にしません。

ところが、この日は、様子が変です。
全身かゆがったり、妙に落ち着きがなく・・・。あっちへ動き、こっちへ動きます。、夜ご飯は普通に食べました。ですが、いつもの時間になってもちっとも寝る(じっとする)ことをしません。

さすがに心配になり全身を触ってみました。ですが、、痛がるとこはない。
でも、震えてます。
ホットカーペットに一緒に転がっていても震えてます。寒いわけではないらしい。

いよいよ心配になり動物病院に電話して聞いてみました。
「痛みがあると震えることもある」
というので、様子をみて、急変しなければ次の日にでも病院に行こうと思ってました。

ところが、夜11時頃・・・。
うろうろと動き回り、あきらかにいつものジョンと違います。
心配になり、夜間病院に電話して、様子を告げると、
「年齢のこともあるし、脳に障害があるかもしれないので、きてください」

といわれ、車を走らせました。
到着は12時ちょっと前・・。

結論は、「夜中の健康診断」
になってしまうほど、健康体でした。

最初に目をみて、様子を見て、脳には異常がないことははっきりしました。
血液検査では、どこも悪くない。年齢にしてこれだけの健康、栄養状態はすごい、と。
ただ、レントゲンで胃と肝臓(血液検査ではわからないらしい)が異常にはれているのでエコーでみることに。

すると、、「食物がまだ残ってます」と。
夜は7時にご飯を食べて、現在2時。まだ食物が胃にあるのは、消化が遅すぎる、と。
腸が詰まったことがあるのでそれも入念にみてもらいましたが、そんな兆候はない。
詰まると、ものすごい強烈な、くっっさいものを吐くので、それは違うと思いましたが、経歴もあるので入念にみてくれました。

結論として、

まず、胆嚢が胆汁になっており、どろどろの状態だそうです。
まあ、胆石もないし、人間と違って、すぐになにかしないといけないわけではないらしい。
胆汁のことをよく知らないので、これから勉強しようと思います。

次に、胃の消化が遅い。
消化酵素を注文し(グリーンドックさんで)、翌日から生野菜を追加しております。

現在4日目。元気いっぱいです。

3

夜間病院は高い上に、検査をたっぷりしたので、恐ろしい金額でした。
(夜間病院は、レジが閉まってますので、身分証明を見せて2万円を預けるそうです。後日、明細が送られてきて、精算に向かう、ということらしい。私の場合は、明らかに2万円を超えていたので、3万円を置いてきました。まあ追加で払うことになるとは思いますが・・・)

どうせ、健康診断しようと思ってたからまあいっか・・・と。
なにより、なにもなくて(というか悪いところが弱いところがわかって)よかった・・・

帰宅したのは3時近かった・・・・
翌朝、いつもの起床時間5時半を1時間も遅く寝て、出勤しました。

ジョンは、、、よーーーーく寝てたそうです。(近所の人に二度見に行ってもらいました)
人が入ってきても気がつかないほどにぐっすり・・・・

ジョンも夜中まで検査して眠かったんですねえ・・・・

老後にむけて、本当に食をしっかり管理しなければ、と強く思ったのです。

でも、11歳にしては、とてもよい健康、栄養状態、とほめられたことはうれしかったです。
生食ごはんのおかげです。知恵をくれる、いぬだっくす~!のち~ぼ~さんがいなければ、こんなに健康だったかどうか、、。本当にありがとうございます。

1

でもって、ち~ぼ~さん、お手製のけ~き♪
大変おいしかったです!!!

ありがとうござます~!!


さて、、胆汁と、消化酵素と、あと。どうやらこの季節アトピーが・・・・・・

また調べものが増えました・・・・





カテゴリ:病院・皮膚

我が家のお殿様
すっかり冬模様。
少し遅い散歩だと、こんな感じでまっくらです。

1

さて、昨日の夜。お風呂に入りました。
入ったというか、入れて差し上げたというか・・・。
1

このおばか、、
お風呂は座って、肩までつかる、ということをちっとも覚えません。
せっかくの別府温泉の元も(ペット用あにま~湯)だいなしです。
皮膚のために、シャンプーの後、こうやって、お風呂につかってもらっているんですが、
座らず、仁王立ち。
2

皮膚は背中が重要なのに・・・(おなかもだけど)
しょうがないので、最後の手段です。

ひたすら・・・

「かけ湯」

背中に、毛の中にしみこむように、ひたすらつきっきりでかけ湯です。

どこの殿様だよ、、まったく・・・

3


一週間とちょっと・・もしかして、
二週間ぶりかもしれません。入浴。

でも、2週間が限界かな~。ジョンの皮膚には。

ということで、うちの小さいおじいちゃんのお殿様は、本日も至れり尽くせりの日を過ごしたのであります。


おしまい。・・・・・・・

カテゴリ:生活

ごろ寝の連休
ハロウィンというかぼちゃのイベントを素通りし、連休はごろ寝で終わってしまいました。
そういや、ハロウィンの日は、山手線とか都内の電車、外国人がジャックするらしいですね。
一両で大騒ぎらしい。
出会ったことがないのですが・・・本当なのだろうか・・・仕事で疲れてるときに遭遇したら、少々迷惑のような気もしないではないが・・
日本のお祭りも道を封鎖したりするから外国人にとっては迷惑なのかしらねえ・・・
文化の違いでいろんなお祭りがあるのは楽しくていいけど、電車は公共の乗り物なので、その中でお酒のんで、大騒ぎってのは、ちょっとつらいなあと思うのです。
果たして、本当なのか、どの程度の騒ぎなのか、、真相が知りたいなあ。。

1

連休のお散歩は、公園にも行かず、夕方やっとこさ、買い物ついでに駅前まで、とかのお散歩でした。
2

まあ、寒かったし、ジョンもほとんど寝てました。
唯一変わらないのは、連休中なのに、毎朝ごはんの時間にたたき起こされることです。
3

しかし、この写真は白髪が目立つなあ。。
ジョンも11歳を超え、来年は12歳です。

いいかげん、盗み食いはやめてもらいたいと思います。
(あ、連休中は何もとられませんでしたが、必死でテーブルの上のモノを狙っていました・・・)

カテゴリ:生活

頂き物と冬支度
うひ♪
ち~ぼ~さん
からたくさんプレゼントを頂いちゃいました☆うれし~♪
1
そらちゃんの、すばらしい寝顔のカード、素敵です。
ジョンのクッキーや人間にもワンコにも体によい油も♪
そのほかもろもろと。。

本当に、本当に、ありがとうございました~♪


2

それでもって、飼育係さんからも、素敵な素敵なプレゼントを頂きました~♪

いまはやりのテープと、本当に手触り肌触りのよいハンドタオル。
ハンドタオル好きの私ですが、これほど手触りのよいモノに巡りあったのは初めてです~

本当に、本当にありがとうございました~♪

そして、、冬の雨に、雪にそなえて、、

「冬用レインコート」を注文しました。
8

ジョンが愛用している「エディのお店」で購入しました。

ここは、ダックスには欠かせない「泥よけ金ちゃん」を作ってるお店です。
おなかがどろどろになるのを防いでくれるものです。
しかも、脱がしやすく着せやすい。
暴れん坊ジョンだった頃から、本当にお世話になっているお洋服です。

7

今回は、レインコートの裏にフリースをつけている暖かいレインコートです。
ふっくらあったかくてとてもよいです。
6

おいしい、楽しい、うれしい、に囲まれて、幸せな毎日です♪

ありがとうございました~

カテゴリ:お友達
| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。