TOP病院・皮膚

このカテゴリーの記事



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

元気になりました
仕事が終わり、ひと段落。
もう、疲れきってます。掃除のしすぎで手が痛い・・・。
さすがに、会社の大掃除と家の大掃除をかけもちはつらい・・。

さて、本日は報告だけ。(現在3時ですが、起床は6時なのに、どうすんだ、、、、)

1

実は、、本日が仕事納めなのですが、ジョンはステロイドをずっと一生飲まなければなりません。
だけど、ぎりぎりまで薬の量を落として、ちょうどよい量を定めるそうです。
本日は、年末年始にこれないので、「ぜったい来なさい」という言葉に従い言ってきました。

ちなみに、昨晩は帰宅が1時すぎ、就寝2時起床6時、出勤7時。
その前も同じ・・・・ああ、体が動かない・・・。
忘年会の時は、どうしても帰れなかったので、栞ちゃんのママとモモビワママのち~ぼ~さんに、預かってもらいました。
詳しくは、また書き記します。

さて、薬を飲んでいるし、様子を見たかった私は、、
なんと、同伴出勤を仕事場に頼んでみました。

本日も仕事終わってから病院に行くには、休むか早退しかありません。
そんなことができないのが仕事納めの日。
全員の暖かい対応により、ほっとしましたが、慣れないので、なかなか大変です。

驚ろかれたのは、「ほえないね」「おとなしいね」

と。犬はほえるもの、とインプットされているこの国。
犬と暮らした事がなければそう思うのでしょう。

まあ、そんな感じで、日中の様子も観察できました。

ステロイドの影響で、多飲多尿になっており、少々心配しましたが、本日病院で、「薬の影響だからしょうがない」ということで、薬の量が確定すれば、それも減るだろう、と。

で、本日の検査。

22日の時には、CPRの値が16でした。
本日は、2.1にまで落ちました。
これをゼロにするには時間がかかるのかなあ・・・
炎症値??
まあ、詳しく勉強してからご報告します。

ジョンは、よく食べ、よく寝て、元気です。しつこいくらいの食欲です。体重も4.1キロになりました。

食べてくれるだけでありがたい。本当にそう思うこのごろです。

スポンサーサイト

カテゴリ:病院・皮膚

入院5日目
動きが活発になっていました。
舌なめずりしながら、本日の撮影の時にはお座りを進んで行います。

1

ひさびさのうん○もしたそうです。
本日の流動食は三回。水タイプをあっというまになめつくしたそうです。

その後の異常もありません。

順調に回復しています。

皆様の祈りが、ジョンを救ってくれました。
本当に本当に感謝でいっぱいです。

明日は、、ごはんの事を学びに、ごはんの講師をしてるお友達の講義を受けてきます。
むりやり時間をつくって、教わりに行く大変迷惑な受講者です。
頭にむりやり、いっぱい、しっかり詰め込んできます。

絶食後の手術後の、今後の栄養と食事について、勉強してきます。

これからくる老後の皆様の参考にもなれば、と思います。

避けては通れない道だけど、可能な限り元気に通ってほしい道。
なので、安全に快適に過ごせるように、基本の食事をしっかりしっかり記録したいと思います。

カテゴリ:病院・皮膚

たぶん、峠は越えたようです
ジョンの入院のゲージの入り口に、ジョンの名前が書いてあります。

5

絶食、絶水・・・

そして、本日は20日。

毎日毎日面会に行きました。
毎日、血液検査もしているようです。
レントゲンではうすく白く写り、肺炎ということがわかります。

今回の緊急入院は、おそらく食道の欠損。穴があいては大変です。
なので、絶食絶水は必要不可欠でした。

毎日熱もなく、吐くこともなく、がんばってます。
せきは、面会ごとにすくなくなっていました。

1

これは、初日。↑。17日です。腕には点滴がささっています。
だっこをすると、安心するのか、なかなかおりようとしません。

これは、本日。
今日は、患者が多く、待つ時間がかかりそうだったので、
待ってる間、面会できないかと尋ねると、許可してくれました。
なので、30分ほど、だっこしてました。
ちょっとうれしそうかな。

2

そして、入院してから昨日まで、病院の白いタオルしか引いてくれませんでした。
本日は、ジョンのブランケットを敷いててくれました。
元気になってるんだなあ、、とじ~んとしました。急に寒くもなりましたしね。
まあ、24時間よい気温の場所にはいるんですけど。

4

とりあえず、写真とりたかったので、だっこをおろして、座らせました。
さすがにこうするといつもおやつをもらえるので、舌なめずりをしてました。

ごめんね、まだまだ固形物は無理なのよ。。。

本日、造影剤をのませ、食道とか胃とか十二指腸とかが、破れてないのか確認したそうです。
私もレントゲンみました。

「大丈夫です」

ああ、、うれしい。。

先生の説明では、明日から流動食を開始するそうです。
自分で流動食を始めるつもりで、吉野の本くずを買ってきたんですけども・・・

流動食といっても、どろどろを想像していたら、なんと、完全な水タイプだそうです。

スープってことかしら・・・

体重は、4.0キロまで下がりました。
でも、絶食では、体重は減っていかないとだめだそうです。
そうでないと、心臓に負担がかかって大変になるからだそうで、順調なんだそうです。


とにかく、第一の峠は越えたようです。
皆様の応援のおかげです。

本当にありがとうございます。

これから、食物を通すための第二の峠が始まります。

また、毎日面会に行くので、様子をお知らせします。とっても勇気づけられて元気が出ています。
本当にありがとうございます。

コメント返し、もう少し待ってくださいね。




カテゴリ:病院・皮膚

入院中の面会
本日も会ってきました。

昨日より、元気でした。

咳も減った気がします。

興奮するとまだ咳が出ますが、昨日より元気です。帰りたがってケージになかなか入らなかった・・・
当たり前ですが・・・。

日中は点滴をしているようです。
薬の種類もなんか言ってましたが、覚えているのは胃酸を抑える薬を追加した、ということだけ覚えています。

血液検査も異常なし。
熱もありません。
吐いた組織にもがんはありませんでした。

体重はさすがに減ってますが、4.0キロです。

だっこした感じは、そんなに減った感じではありませんでした。点滴をしてたからかなあ。

明日は病院の休診日。日中6時までしか面会ができません。
なので、休めない私の代わりに、ジョン父が面会に行ってくれます。
本日の夜に、肺炎の様子を見るためにレントゲンを撮るそうです。
その結果を聞いてもらいます。

まあ、まだ、白っぽく写っているとは思いますが、
あわてて急に回復を望んだりしたら、罰が当たりそうなので、
ゆっくり確実にあわてず、祈っていようと思います。

木曜日は、夜、会いに行きます。

写真も動画もとったんですが、元気なところを移せず、だっこして落ち着いてるところなので、元気ないようにみえるので、やめておきます。

流動食の勉強しなくちゃ・・・・!!!なんも調べてない・・・・。やばいわ・・・

須崎先生のものだと、たしかくず湯だったような気がする・・・・。

ジョンは、二時間おきに牛スープから始めてみようかなあ。
生肉をミキサーでどろどろにして、、でもいいのかなあ。

明日の夜、調べようと思います。


本当に、泣くだけ泣いて、どうにかなるかもしれないと混乱してた私を勇気づけてくれたのは、皆様のあったかい応援でした。

本当に、本当にありがとうございます。
いっつも、応援してくれて、勇気を元気を頂いてばっかりで、申し訳ないくらいです。

11歳と8ヶ月。感謝すべきたくさんのお友達にであえて、ジョンと私は幸せ者です。

本当にありがとうございます。


カテゴリ:病院・皮膚

入院中
会ってきました。元気でした。


今回の入院は、内視鏡検査が原因である、といえると思います。

組織はおそらく食道だろう、ということでした。

もともと、胃が弱ってた。何回も吐いていた。
そこへ検査をした。
そして、、はがれた。食事をしたのもよくなかったかもしれません。

獣医師も故意でしたわけでもなく、小さい体で小さい管で、仕方なかったのかもしれません。

過去のことはおいておいて、現在は、、

異物による肺炎と、食道の組織の復活

これの回復に全力をつくしてもらいます。

絶食しか方法がないのでしょうが(もちろん点滴と薬とか治療はあるでしょうが)、
一番大事な食道です。

食道が破けてしまえば助かる可能性は低い。でも、そうなる前に異常があるはず。
今のところ、血液検査もレントゲンも肺炎の事以外は水がたまってるとかの異常はありません。

そして、、組織検査・・・
がんはありませんでした。

これはほっとしました。

内視鏡をしたからわかったことで、7歳以上の犬には、こういう場合はがんの確率が高いとあちこちに書いてあり、本当に心配でした。
これだけでも、本当によかったと思います。

きちんと治療をすれば、肺炎も、食道も治る、と言ってくれました。
これが唯一の救いです。

ほんの少しの面会でしたが、咳はまだ続いてますが、前より吐く動作はなくなりました。
なにかひっかかってるのがとれたのかもしれません。
肺炎が治り、肺がきれいになれば、そのころには食道の管もきっと復活してる、そう信じています。

獣医師も慎重に、慎重に治療したいといって、木曜までは様子を見させてください、ということでした。
明日も会いに行ってきます。
決して楽観的なことを言わないけど、最善をつくしてくれてる、ということはわかります。



お空にいる、ゴールデンのグリコが、お手紙をくれました。

「お空は今、いっぱいで、ジョンが来る場所はない」

そうです。

本当にありがとう。いっつも見守ってくれてるのね。ありがとうね。

ご心配おかけして本当にすみません。
いろんな言葉をかけていただいて、本当にうれしく思います。
本当に本当にありがとうございます。

すっとぼけたジョンなので、がんばって絶食してくれると思います。

ちなみに、検査入院後4度の食事は一度も吐いておりません。
咳もするのに、組織を吐いた後も、熟睡して他のに我々のごはんを食べているときにテーブルによってきて、ねだりました。
この食欲は、本当にうれしいです。

今日は、だっこしてきました。「大丈夫。すぐ治るからね。もうすぐだからね」と声をかけてきました。

もうしばらく様子見です。

絶食後の食事を勉強せねばなりません。

獣医師の予定としては、絶食して、造影剤をのませ、管がきちんと通ってて、どこか破れてないかを確認し、その後流動食から始める、といってました。
木曜に退院となるかどうかは不明ですが、流動食、スープのようなものが一週間は続くかなあ、と思っています。

盗み食いをされないように、厳重管理しなければ、と思います。油断も隙もないジョンですからね。。。

とりあえず、回復を祈ることしかできませんが、がんばってもらいたいと思います。
ドッグフードを食べてた訳じゃないから回復も早いはず!自然治癒力があるはず!と勝手に思ってます。

カテゴリ:病院・皮膚
| Top Page | Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。